■2019/8/19
令和元年度「こころとからだに効く講演と音楽の集い」について
詳しくはこちら


■2019/6/10
「限度額適用認定証」について

同一医療機関における入院および外来療養について、ひと月の支払額が自己負担限度額を超えた場合、被保険者証と一緒に「限度額適用認定証」を提示することにより、窓口での支払額を自己負担限度額までにとどめておくことができます。
交付をご希望の方、又は、既に「限度額適用認定証(有効期限が7月末までのもの)」をお持ちで更新をご希望の方は、組合までご申請ください。
詳しくは、限度額適用認定証(限度額適用・標準負担減額認定証)についてをご覧ください。


■2019/4/8
乳房エコー検診の助成額を5,000円に引き上げました

30歳から49歳までの女性被保険者の方を対象に、
乳房エコー検診費用の助成事業を行っております。
これまで、助成額の上限を3,000円としておりましたが、
今年度よりその助成額を引き上げ、5,000円を上限額といたしました。
ぜひご活用ください。
詳しくは、乳房エコー検診費用の助成をご覧ください。


■2019/3/8
平成31年度(2019年度)保険料について

3月7日に行われた第143回組合会において
平成31年度(2019年度)の保険料は、
現行(平成30年4月1日〜)の額を据え置きとする旨可決されました。
詳しくは、保険料についてをご覧ください。


■2019/3/8
被保険者証の更新について

今年、被保険者証の交換はありません。
現在お持ちの被保険者証は、
来年3月31日(年度の途中で75歳を迎える方は、誕生日の前日)まで有効です。
お持ちの被保険者証をそのままお使いください。


■2019/3/8
元号の改正について

本年5月1日の元号改正に伴う被保険者証の交換はありません。
5月1日以降に加入された方や、住所・氏名等に変更があった方には、
新元号表記の被保険者証を発行いたします。

また、現在、各地区医師会および大学医師会へ置いてある各種届出用紙は、
当面の間、そのままご使用いただけます。


■2018/3/2
保険料の改定について

先般お知らせいたしました保険料の改定案が、
3月1日に行われた第141回組合会において可決されました。
つきましては、4月分の保険料(4月25日引落し)より下記のとおり
改定いたします。

(現行)   (改定後)
医療給付費保険料 第1種組合員 20,500円 ⇒ 27,500円
第2種組合員 10,500円 ⇒ 13,500円
家     族  6,500円 ⇒  7,500円
後期高齢者支援金保険料       3,500円 ⇒  5,000円 
介護保険料            4,000円 ⇒  5,500円
後期高齢者組合員保険料      1,000円 ⇒  1,000円(改定なし)

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。      


■2018/3/2
保健事業の申請書の一部がダウンロードできます。
「乳房エコー検診助成費支給申請書」
「脳血管健康診断助成費支給申請書」
「人間ドック等における特定健診分のデータ提出費用に係る申請書」
「契約温泉保養所利用者助成費支給申請書」
保健事業の各項をご参照の上、どうぞご利用ください。






















 

 

----------------------------------------------------------------------------